blog

おい、鬼太郎!

Posted on 2012-01-27



※写真は、研修中にいただいた目玉おやじ焼き(?・人形焼きのようなもの)です。
招き猫の姿と読書中のようです。

鳥取県倉吉の土産物店様で2度目の研修を行いました。

今回の内容は、言葉づかいとロールプレイング。

ロールプレイングの研修では、お迎えや商品説明、お金のやり取り、お見送り等細かい部分までチェックします。
印象的な場面を1つ紹介します。テーマは、袖の長さについて。

ロールプレイングでスタッフ役をご担当いただいた1人の女性は、
手が3分の1程度覆われる程の袖の長さの私服を着用されていました。
※こちらの土産物店様では、私服の上に作務衣を着用することになっています。
そのため作務衣の袖の下からは、私服が見える状態です。

ロールプレイング後に、彼女の接客の様子を見ていた他のスタッフにコメントを聞いてみると
面白い結果が分かりました。

年代が上の方からは、
「袖が長くてみっともない。手は出しておくべき。」
「袖が長いので、寒そうな印象を受ける」との指摘があったにも関わらず、
年代が若い方からの指摘は一切ありませんでした。

服装ひとつとっても人によって受け止め方が異なることを改めて気付かされます。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子
♪観光文化研究所公式HPはこちら。
♪ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

Comment









2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

サイト内検索