blog

歯医者さんでもおもてなしを

Posted on 2014-09-25

今日は、元歯科衛生士の方との打ち合わせでした。
現在は経営者婦人として本業をしながらも、
歯科衛生士の処遇改善というよりは、歯科衛生士の価値向上に尽力されているという大変素敵な女性です。

今日でお会いするのは2度目だったのですが、初めてお会いした時から「歯科衛生士」と「仲居」という
どちらも女性社会が抱える悩みや課題で共感できる話題が多く、話が盛り上がったのを覚えています。

今日の話題は歯科衛生士向けのおもてなし研修について。
なんでも、都心のある地点においてはコンビニを上回る数の歯科医院があるとか。
なかなか技術だけでは生き残っていけない状況に置かれているようです。
そこで必要となるのがやはり「おもてなし」ということで今回ご相談をいただきました。

日頃、歯医者に行って感じることを述べさせていただいたのが、
1.まずは挨拶&名乗ってほしい
2.検診や治療の説明は、患者さんを口を開けて寝そべった状態にしてするのではなくて、
 椅子を倒す前の座った状態でしてほしい
3.治療道具を胸やお腹の上に置かないでほしい
4.治療に使う(口の中に入れる)道具を見せてほしい
等といったことです。

4.については「なるほど~」とのリアクションで、これまで気にしたことが無かったとのことでした。

それぞれの業種で、求められるおもてなしも異なってくることを改めて実感します。
興味深いものです。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*接客本、出版しました!

Comment









2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

サイト内検索