blog

レゴランド・ディスカバリー・センターに思うこと

Posted on 2014-12-30

お台場のレゴランド・ディスカバリー・センターに行ってきました。

レゴの製造過程を見るところから始まって、シューティングゲーム、ミニチュア、プレイランド等があります。
アトラクションに乗ってするシューティングゲームや4Dシネマ、忍者ゲーム等、レゴとどう関係あるの??
というものも数多くありましたが、それはそれでとても楽しかったです。
あっという間の3時間でした。

客層はもちろん子連れでないと入場ができないのですが、圧倒的に男の子連れが多かったです。
インバウンドのお客様も少なくなく、世界的に人気の玩具メーカーであると改めて認識します。

予想通りの混雑でしたので、施設内でドリンクを買うのも一苦労…。
スイカやパスモ等交通系IC決済もできるのですが、それでも現金決済の方も結構多くいて10~15分かかったでしょうか。
このような施設では、大型プールやスパ施設が取り入れているようなバーコードリーダー精算を導入してくれればと感じてしまいます。

衛生上の理由で飲食物の持ち込みは厳しく制限されており、
入場時も口頭で注意を促されましたが、施設内は無法地帯のようで隣でお弁当を広げている家族がいても
スタッフは見て見ぬふりをしているのでしょうか。誰も注意していませんでした。
折角昼食を済ませてから入場したのに、これだったら早めに入場して中で昼食を取れば良かったとがっかりしてしまいます。
恐らくこのような光景を目にした他の来場客は、「次回は私たちも持ち込んで施設内で食事をとろう!」と考えるのだろうと思います。

このようなスタッフごとのバラつきのある姿勢が、お客様の不満を募らせたり、お客様側のモラルを崩し、徐々に顧客離れが進むのだと思います。
評判も良く人気の施設なのですから、今のうちにスタッフの体制を見直していただき、今後も多くの人に愛される施設を目指してほしいと思います。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*接客本、出版しました!

Comment









2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

サイト内検索