blog

廃墟が並ぶ鬼怒川の温泉街

Posted on 2015-02-03

鬼怒川の旅館様に伺っていました。
 
少し早目に業務を完了することができたので、
社長が「温泉街少し案内しましょうか?」と仰ってくださいました。
 
実はこちらの旅館様にはコンサルティングのご支援で、もう3年間(毎月)程お伺いしているのですが、
鬼怒川の温泉街を巡るのは初めてでした。
(こちらの旅館様に限った話ではなく、他のお付き合い先でも直行・直帰で周辺の観光地の情報は詳しいものの、
 足を運んだことが無いケースは少なくありません)
 
温泉街を巡ると、廃墟化した旅館がずらりと並んでいました。
中には屋根が落ちそうで危なっかしいものまで有ります。
道路からはもちろん、向かいに建っている旅館の客室からの景観も酷いものだと思います。
 
鬼怒川温泉の雰囲気を良くするために税金を使って綺麗にしようという声も少なくないようですが、
何で個人所有の物を処分するのに税金が使われなくてはならないんだ、と反対する声も多く
膠着状態が解消する目途は立っていないようです。
 
以前より廃墟問題は話では聞いていたものの、
実際目の当たりにすると、想像をはるかに超える悲惨なものでした。
 
これは鬼怒川温泉に限った話ではなく、大小の違いこそあれ全国の温泉地が抱える深刻な問題。
観光立国を目指す中で、無視できない大きな課題の1つだと思います。
目に見えてわかりやすい数字に現れる「集客」も大切ですが、
リピーターに繋がるかどうかにかかわる「受け入れ態勢の見直し」も追及したいものです。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

Comment









2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

サイト内検索