blog

HSJ2015 国際ホテル・レストラン・ショー に行ってきました

Posted on 2015-02-20

インバウンドデーである今日の【トレンドセミナー】を受講したく、HSJ2015 国際ホテル・レストラン・ショーに行ってきました。
会場である東京ビックサイト周辺は、関係者らしき方々よりも、
22日に行われる東京マラソンのランナー受付にいらしている方々の方が目立っていました。
 
聴講したセミナーは以下の通り。
 
■「免税制度改正が宿泊・飲食業界へもたらすもの」
ジャパンショッピングツーリズム協会 理事 村山 慶輔 氏
 
■「大田区の銭湯における外国人観光客の誘致の取り組み」
大田区役所観光・国際都市部観光課 観光課長 青木 毅 氏
大田区浴場連合会 相談役 近藤 和幸 氏
 
■「天ぷら つな八の外国人観光客へのおもてなしとは」
綱八 代表取締役社長 志村 久弥 氏
 
■「インバウンド集客に向けたトリップアドバイザー活用」
トリップアドバイザー
ビジネス ディベロップメント エグゼクティブ 原 アルトゥーロ 健太郎 氏
 
いずれのセミナーも大盛況で、各分野・各社のインバウンド事情や受け入れ対策について拝聴することができました。
 
中でも印象深かったのが、ジャパンショッピングツーリズム協会 理事 村山氏がお話されていた
「日本人が求めるおもてなしと外国人が求めるものは違う」という点。
日本人は「スタッフの人間性や温かみ」等を求めるが、
例えば香港人は「スタッフの効率性」、欧米人は「スタッフがどれだけの権限を持っているか」という点を求めているということ。
 
かならずしも日本人向けのおもてなしが外国人観光客に受け入れられるかといえばそうではないことを肝に銘じなくてはなりません。
やはり、おもてなしとは「思って」「為す」こと。
万人に通用する通り一辺倒のおもてなし等存在しなくて、相手があってこそ成立するものである、と改めて実感した次第です。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

Comment









2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

サイト内検索