blog

保安検査場に「ゆっくりレーン」を

Posted on 2015-05-08

出張の際、妊娠中のため飛行機の優先搭乗をすると、
同じく優先搭乗を利用する杖を突いたお年寄りの女性とその娘らしき女性の2人客と一緒になりました。

会話の内容が耳に入ってきたのですが、どうやら保安検査場の対応に不満があったようです。
係員から矢継ぎ早に「機械にチケットをかざしてください」「荷物を台の上に置いてください」
「身の回りに金属類等はありませんか?」「お荷物の中にペットボトルはありませんか?」等と
言われたそうで、「一度にそんな沢山のこと言われたって対処できないわよ」と文句を言ってました。

確かに指図されたり、聞かれる項目が多いですよね。急かされている気がします。
しかも立ち止まって説明があるならともかく、
ベルトコンベヤー形式に後ろから乗客が詰めてくるので、焦らずには居られません。

出発時間が間際の方の「優先レーン」だけでなく
時間に余裕があって、落ち着いて保安検査場を通りたい方のための
「ゆっくりレーン」の需要も高いのかもしれません。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

Comment









2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

サイト内検索