blog

ゴルフ場でのコロナルールについて

Posted on 2020-05-11

ゴルフ業界では、米国内でゴルフコースがオープンする動きが加速する中、 イングランドでもオープンに向けて準備が進んでおり、全英ゴルフ協会では、 「コロナルール」なるものを発表しています。

 

具体的には、

・ソーシャルディスタンスとして2メートル内に近づかない

・道具の貸し借りはしない

・バンカーレーキ、ベンチやゴミ箱などは撤去される

・ピンフラッグはさしたままだが、絶対に触らないこと

・一組2人ずつでプレーし、違うティイングエリアから打つ

等です。

 

このコロナルールを受けて日本国内のゴルフ場でも、

・バンカーショット後は、バンカーレーキを使わずに簡単に足で均す

・ピンフラッグはさしたままでプレーが可能 ・スループレー(食事別のプラン)の提供

・1人プレーの実施(1組1人!)

・ロッカーを1つおきに【使用不可】として、隣同士にならないようにする

といった取り組みを始めています。

 

中には、

・来場時に非接触型の体温計で検温を必須とする

・カートに乗るのは1Hにつき1人ずつ交代で乗車する

・食事のテーブルの中央にアクリル板を設置する

という徹底策を講じている所もあります。

 

今回のコロナウイルスの流行で、これまでの常識が覆されています。

新たに定着するルールの元で、営業できる体制をいかに整えていくかが求められています。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

Comment









2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

サイト内検索