blog

新型コロナウイルスによる接客内容の見直し

Posted on 2020-05-15

14日、政府は39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。

外出や営業自粛が緩和されても、都道府県をまたぐ移動の自粛はしばらく続くものと考えられます。

新型コロナの感染が収束するまでは、料理内容、サービス内容云々よりも、いかに感染予防への対策が取られているかが宿の選択基準となるでしょう。 

そうした中では、“これまでとは違う”受け入れ態勢を整えお客様を迎えることが求められるようになります。  

 

例えば、

・スタッフはマスクを常時着用

・宿泊客に検温の実施

・バレーサービスの廃止

・フロントにアクリル板の設置

・チェックイン時の説明

・ヒアリングの簡略化(なるべく説明用紙を渡し、お客様に読んで理解してもらうスタイル)

・荷物運搬のセルフサービス化(台車の貸し出し)、もしくは手袋を着用した上での運搬

・館内、客室案内の不要化、省略化 ・布団は部屋に敷いたまま(布団敷に部屋を出入りしない)

・共有(使い捨てでない)アメニティの撤廃もしくは徹底消毒 ・客室、共有部の清掃、消毒作業の徹底

・料理説明の簡略化

・浴場の入場時間の分散化

・不要、不急のコミュニケーションは最小限に

・会計時はゴム手袋を付けて行う

・宴会の分科会(会場分散)化

 

ざっと思いつくだけでもこれだけあります。

 

  接客研修の内容も、これまでの物は通用しなくなりますので、 COVID-19の感染拡大防止を前提とした新たな研修内容を構築しています。  

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

Comment









2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

サイト内検索