blog

GoToトラベル事業一時停止措置の年末年始に備えて…

Posted on 2020-12-21

年末年始のGoToトラベル事業一時停止措置は皆様ご承知の通りで、いま現在もその対応に追われていることと思います。

詳細はこちら…「【更新】GoToトラベル事業の取扱いについて」
https://biz.goto.jata-net.or.jp/info/2020121401.html

年末年始は何もなくても満室になる繁忙期ですが、今年はGoToトラベル効果も相まって、各社早い段階から満室状態が続いていました。
それが今回の停止措置により、キャンセルの嵐です。

・旅行者としては、いくら予約成立時からキャンセル料が発生するプランであっても、12月14日(月)24時までにされていた既存予約について、12月24日(木)まで、無料でキャンセルが可能。

・キャンセルが発生した旅行・宿泊業者としては、年末年始に限った特別の措置として、キャンセル料発生の有無に関わらず、一律、旅行代金の50%に相当する額(上限は2万円/人泊)を本事業の予算から負担。

という措置が採られたため、

・そもそもGoToトラベル給付が無いと旅行をしないという人
・コロナ感染のリスクを懸念される人

は真っ先にキャンセルしたでしょう。

現段階で当該期間の旅行を取り止めないのは、

・GoToトラベルが無くても旅行には行きたい(旅行補助があっても無くても関係ない)という人
・別にGoToトラベルが無くても旅行には行けるが、いろんな理由で「どうしようかな?」と迷っている人
・GoToトラベルが使えない時点でそもそも旅行に行く気はないが、「もう少し待っていれば、何か良いことがあるかも?」と、無料キャンセル期間ギリギリまで粘る人。
・旅行会社や宿泊事業者に50%のキャンセル料が入るのは癪だから、自分の予約したプランのキャンセルポリシーに基づいて、キャンセル料金が掛からない日付けでキャンセルしようとしている人
・「もしかしたら、一時停止が解除になるかもしれない!」という楽観的な人
・そもそもGoToトラベルの一時停止の情報を知らない人

等が考えられると思います。

宿側としては、いくら既存の予約キャンセルで2万円を上限とした50%のキャンセル料が入るとはいえ、

・年末年始の食材の仕入れ(手配)をしてしまった
・人材の手配(契約)をしてしまった
・宿泊客が0組になるわけではないので休館はできない
・そのキャンセル料がいつ入金されるかわからない
 (余談ですが、私が8月中旬に旅行をしてGoToトラベルの事後申請をした旅行代の入金が12月17日(木)にありました。実に4ヶ月後です)

為、空いた部屋は積極的に販売して少しでも売上&利益を捻出しなければなりません。
年末年始迄もう時間がありませんので、食材等の内容を見直しながら、ある程度価格訴求をした商品を検討するのも一案です。

個人客が旅行を計画する時は、旅行日程の検討からはじまり、何度も旅行・周遊ルートを考えたり、宿の比較をしてようやっと予約行為を行うものです。
2~3時間かかるのは当たり前で、中には1日仕事になる人もいるでしょう。

キャンセルするのは数十秒で済むことですが、予約に至るまで長い時間プランニングして選んだ宿なので、それなりに宿への思い入れを持っていただいているお客様です。
今から年末年始商品を売り出したところで、新規客に訴求するよりは、一度はこの時期に泊まろうと予約をしてくださった“見込み客”に訴求した方が成約率が上がるのは明らかです。

そこで、宿側で影響できる人にターゲットを絞ってアプローチをすることをお勧めしています。

既にキャンセル済の人にはキャンセル理由を伺って、もしGoToトラベル給付が無いことが理由だとすれば、「GoToトラベルは一時停止となりましたが、(当館の企業努力により)以前よりも(元値が)お得なプランを販売いたしましたので、是非ご検討ください」と再度の予約検討を促す。

※【再周知】GoToトラベル事業の一時停止等の措置に伴う事業者による予約の付け替えについて
https://biz.goto.jata-net.or.jp/info/2020121801.html
の告知もありますが、既存予約者にキャンセルを促しているわけではなく、見込み客にアプローチを掛けているだけなので問題ないと考えます。

未だキャンセルしていない人へは、GoToトラベルの一時停止の情報を知らない人を撲滅することが重要です。このような方が宿に泊まりに来てトラブルになるのは目に見えているので、予めこのような人を無くす努力をするのが賢明です。

宿の規模によってはキャンセル者・未キャンセル者の両方にアプローチをするのは難しいこともありますし、日ごとの稼働状況によってキャンセル者と未キャンセル者へのアプローチのどちらが効果的かも変わってきます。

いずれにしろ優先順位を決めて、見込み客へのアプローチおよび、想定される当日のトラブルを未然に防ぐことに努めることで、少しでも実りの多い年末年始を迎えられることを願っております。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる!おもてなし接客術」

Comment









2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

サイト内検索