blog

地域観光事業支援の実施について

Posted on 2021-03-29

去る3月26日、観光庁より「地域観光事業支援の実施について」報道発表がありました。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000503.html
(別紙)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001395416.pdf

内容を抜粋すると、
―――
今般、感染状況が落ち着いているステージ2相当以下とする都道府県が行う県内旅行の割引事業を財政的に支援する、「地域観光事業支援」を実施することといたしましたのでお知らせします。
 
 具体的には、GoToトラベル事業が再開するまでの間、ステージ2相当以下とする都道府県が、同一県内での旅行への割引支援を実施することを決定し、国による支援を希望する場合には、一人一泊当たり5,000円を上限として、
国から当該都道府県に補助金を交付します。
 
 また、旅行への割引支援と併せてクーポン等で土産物屋、飲食店、公共交通機関などの地域の幅広い産業に裨益する支援を実施する場合、一人一泊当たり2,000円を上限に追加して補助金を交付することといたします。
 
 4月1日(木)以降、準備が整った都道府県から順次開始し、当面5月末まで実施することを基本とし、予算規模は総額で約3,000億円を予定しています。
 
 詳細は別紙をご参照ください。
―――

要は、ステージ2相当以下の都道府県に限定して、同一県内での旅行補助、
・一人一泊当たり5,000円を上限(最大50%支援)
・日帰り旅行は1人1回あたり最大5,000円(最大50%支援)
・地域共通券等の支援策を併せて実施する場合は1人1泊あたり最大2,000円
を4月1日より開始するというものです。

なお、各都道府県毎のステージはこちらより確認できます。
https://news.yahoo.co.jp/pages/article/20200813
 ※ページを開いた後に「都道府県の状況」をクリックします

一時は、
・緊急事態宣言が解除になったらGoToトラベル事業も再開するのでは?
・GWはGoToトラベル事業の除外になるらしいから、GW明けに再開になるのでは?
・五輪が開催されるなら、五輪開催後にならないと再開にならないのでは?
等と色々な憶測が飛び交いましたが、個人的には思っていたよりも早い段階での再開となり、まずは安堵しています。

ところで、このステージ2という指標ですが、政府の分科会が示した指標によれば、
―――
感染者の漸増及び医療提供体制への負荷が蓄積する段階
3密環境などリスクの高い場所でクラスターが度々発生することで、感染者が漸増し、重症者が徐々に増加してくる。このため、保健所などの公衆衛生体制の負荷も増大するとともに、新型コロナウイルス感染症に対する医療以外の一般医療も並行して実施する中で、医療提供体制への負荷が蓄積しつつある。
―――
という、具体的な数字での定義はなく、いまいちよくわからない状況です。
一方、1つ上のステージ3になると、具体的な数字が示されていますので、それ未満であればステージ2以下という認識で良さそうです。

ちなみに、ステージ3を確認しておくと
―――
1.病床のひっ迫具合
<病床全体>
・最大確保病床の占有率…1/5以上
・現時点の確保病床数の占有率…1/4以上
<うち重病者用病床>
・最大確保病床の占有率…1/5以上
・現時点の確保病床数の占有率…1/4以上

2.療養者数
人口10万人当たりの全療養者数15人以上
※全療養者:入院者、自宅・宿泊療養者等を合わせた数

3.PCR陽性率
10%

4.新規報告数
15人/10万人/週 以上

5.直近一週間と先週一週間の比較
直近一週間が先週一週間より多い。

6.感染経路不明割合
50%
―――
この基準に達してしまうと、ステージ3となり、地域観光事業支援は打ち切りになるということです。
この支援事業がスタート、継続できるように、感染防止対策を徹底した日常生活を引き続き継続していくよう、国民一人一人が協力していきたいものです。

さて、今回の予算が3,000億円ということですが、仮に各都道府県に均等割りになると想定して47で割ると、1都道府県あたり63.8億円。
対象時期は4月1日~5月末日とのことですので、全61日となり、1都道府県あたり1日約1億円が配分されるという計算です。
1人当りの1泊の支援上限額が多く見積もって7,000円とのことですので、1都道府県あたり1日平均で補助を受けられるのは最低でも14,286人/日となり、4~5月のオフ&ショルダーシーズン、尚且つ外国人観光客がいない中でのことと考えると、充分な予算額と言えます。

一部の自治体では独自の旅行補助を行っていますが、予算額が限られていて、販売開始とともに即完売になるとの話も耳にしています。このような最中に国が補助金を出すという流れは金銭面での旅行促進に大きく貢献するでしょう。

それよりも、旅行に出るという消費活動を政府が後押しすることによる旅行者の心理面への働きかけの効果が非常に大きいというのが個人的な評価です。
GoToトラベル事業では、1人1泊当りの宿泊補助額が最大14,000円、それに加えて最大6,000円の地域クーポンが給付されたことと比較すると、今回の旅行支援額は大幅な減額となりますが、それよりも「旅行活動を正当化されること」の意味合いの方が強いものと思います。

観光・旅行、それから旅館業界にとっても待ちに待ったこの観光支援事業ですが、受け入れ側にとって気になるのが、「運用は各都道府県に委ねる」ということが記されている点です。

具体的には、
・補助の仕方がGoToトラベルキャンペーンの給付と同様、OTAから既に入っている予約も同一都道府県であれば自動的に対象になるのか?
・ステージ2からステージ3になってしまった場合、支援対象外になるのは何日後からか?その日をまたいだ旅行はどうなるのか?
・地域共通クーポンの使用可能エリアのスタンプはどうするのか?
 (GoToトラベル事業の時は、隣接都道府県が対象)
等、挙げればきりがありません。

いずれにしろ、政府としての方針は固まったため、今後は各都道府県の動向に
注視し、地域観光事業支援の開始に向けて準備を進めていくことが大切です。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる!おもてなし接客術」

Comment









2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

サイト内検索