blog

ワクチン接種後の旅行は、『安近短』から『高遠長』へ

Posted on 2021-06-22

高齢者の優先接種に続き、旅館業界でも職域接種の話を耳にするようになり、いよいよ身近にワクチン接種者済者がいる環境になりました。

先週は、高齢者が20名程集まって、屋外でマスクを着用したままグラウンドゴルフを楽しむ光景を目の当たりにして、徐々にかつての日常が戻りつつあることを実感しました。
恐らく皆さん1回目のワクチン接種が終えられたからのことでしょう。
※こちらのグラウンドゴルフを提供するご支援先の宿では、「このところ、 屋外で愉しめるグラウンドゴルフの予約の動きが良くなっています」と仰っ ていました。

今回の新型コロナウイルスが私達の生活をガラリと変えたように、今回のワクチン接種も私達の生活をガラリと元に戻してくれると期待されています。

例えば、マスクが不要になったり、大人数での会合やアルコールを含む飲食がOKになったり。
宿泊施設側の立場では、検温やアクリル板の設置、接客中の手袋が不要になったり、ビュッフェの再開等が挙げられます。

とはいえ、ワクチン接種の時期には個人差があり、ワクチンを接種したからと言ってすぐに元の生活に戻れるわけではありません。

一部のワクチン接種済者がマスクを外して旅館に泊まりに来て、ワクチン接種済か未接種かに関わらず、マスク着用主義者と揉めるのでは・・・?という場面が容易に想像でき、いまから懸念をしています。
その点、近所のスーパーでは動きが早く、「ワクチン接種済の方も引き続きマスクの着用をお願いいたします」というアナウンスを流していて感心しました。

ワクチン接種が進み、18歳以上の72%が少なくとも1回のワクチン接種を終えているという米・カリフォルニア州では、「新型コロナ関連の規制がほぼすべて撤廃され、経済活動が全面的に再開。ワクチン接種済者は、屋内でマスクをしなくて良い」。
というニュースがありましたが、日本で正式にマスク不要が告知されるのはい
つ頃になるのでしょうか。日に日にマスクが暑苦しく感じるここ最近の陽気で
は、待ち遠しくて堪りません。

さて、感染者拡大でGoToトラベルキャンペーンが一時停止してからというもの『安近短』の旅行需要が定着していますが、ワクチン接種が進むと『高遠長』の需要が一気に伸びることが予想されます。

■『安⇒高』へ
まずは『安⇒高』へのシフトですが、第一には旅行補助が再開し、1人あたりの消費単価が上がるという点です。

いまは地域によって域内の補助が出たり出なかったりとバラつきがありますが、ワクチン接種が順調に進んでまた全国一斉のGoToトラベルキャンペーンがスタートすれば、旅行にかけるお金が一気に増えます。

従来のルールに即して言えば、GoToトラベル事業は地域独自のものよりも補助額が大きくなる傾向にありますし、上限はあるものの宿泊料金に比例した補助が受けられるため、通常よりも高単価のプランが選ばれ易くなります。
各宿で不良在庫化している地域共通クーポンも再度使えるようになるでしょうから、ドリンクや売店等の付帯売上が増えることも期待できます。

宿泊中のお酒提供に制限がかかった地域も少なくなかったため、晴れて旅行が“解禁”された後の旅行では特にお酒が進むのではないでしょうか。

従って、売店やお酒のラインナップを充実させるのはいまから考えておきたいところです。

また、感染拡大予防のための制限や自粛も無くなるでしょうから、テーマパークやアミューズメント、アクティビティ系の観光施設も通常営業をするようになります。
宿泊とチケット料金をセットにしたプランも選ばれやすくなりますので、改めて商品企画をすることをお勧めします。

『安⇒高』へのシフトは、1組当たりの消費単価にも当てはまります。
コロナが始まってからというもの、高齢者への感染を危惧して帰省をしていない子や孫が大勢いて、ワクチン接種が済んだら今すぐにでも会いに行きたいという人は少なくありません。
感染のリスクが少なくなると、自ずと3世代旅行の大幅な需要増が期待できますので、3世代向けの商品企画も企画しておくのも良いでしょう。

■『近⇒遠』へ
次に、『近⇒遠』へのシフトですが、これまでは感染予防の為にマイカーで行けるところにしか旅行に行かないという旅行者が非常に多かったと思いますが、徐々に新幹線や飛行機を使った旅行に回帰し、旅行先の範囲が広がっていきます。

それもあっていまは多くの宿で、県内・隣接県向けの施策を中心に行っていることと思いますが、今後は徐々に宿泊客の発地が広域化していくことを視野に入れる必要があります。
具体的には、コロナがはじまってから狭域に留めていた広告やDMの送付先を、広域にすることです。

特に東京・大阪といった大都市圏では、緊急事態宣言がなかなか解除されず、
GoToトラベルの恩恵を最小限にしか受けられなかったり、これまで虐げられて
来ましたから、今度は東京・大阪在住の方を“ひいき”する商品企画も視野に
入れると良いかも知れません。

■『短⇒長』へ
最後に、『短⇒長』のシフトですが、先述のように目的地(旅行先)が離れれば離れる程旅行日数も伸びる傾向にあります。

また、これまでは「リフレッシュの為に1泊位なら許されるでしょう」という後ろめたい気持ちで旅行に出ていた人も、各種宣言が解除されれば、誰にとやかく言われる(という心理になる)ことも無くなり、2泊・3泊と滞在日数が増えていくはずです。

特に観光スポットが周辺にある宿では、1つの宿に連泊して観光に出かける人が多くなることが予想されます。
その際に、連泊向けの宿泊プランを用意しておくことも宿選びの1つのフックになるでしょう。


ワクチン接種が進んで行く中での旅行需要の回復が見込める時期には、上記のような『高遠長』を見据えた販売戦略に舵を切ることが求められます。

このように、近い将来、宿泊客が戻ってくることが前提で話ができるのは嬉しいものです。

 ******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる!おもてなし接客術」

Comment









2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

サイト内検索