blog

新入社員研修が全社員の士気が高める

Posted on 2022-03-28

3日間の新入社員研修と全体研修を担当しました。

プログラムは下記のような内容です。
■1日目 
(1)新入社員向け
 ・基本接客研修
 ・旅館の接客実務研修

■2日目
(1)新入社員向け
 ・呈茶研修
 ・和食器の扱い研修
 ・動画マニュアル視聴研修

(2)全社員向け
 ・コミュニケーション研修

(3)2年目社員向け
 ・SWOT分析研修
 ・通知表渡し

■3日目
(1)新入社員向け
 ・ロールプレイング研修

新入社員は、日本人だけではなく3ヶ国からの外国人がいらっしゃいました。
特に外国人スタッフは、日本文化や旅館特有の専門用語がよくわからない、旅館に泊まったことが無い、急須が何かわからない、正座ができないという中で日本人スタッフと同じ研修メニューを必至に取り組んでいてよく頑張っていらっしゃいました。初めて自分の淹れた煎茶を飲むという経験は感慨深いものがあった様です。

日本人も外国人スタッフも動画マニュアルを初めて見たあとは、動画のURLが欲しいと希望し、こちらが頼んだわけでもないにもかかわらず、各自が予習をした上で館内案内・客室案内のロールプレイングに臨みんでおり、非常に逞しく感じました。

いずれのスタッフも指摘を受ければすぐに直すという素直な性格で、今後の成長が非常に楽しみになりました。

全社員向けにはコミュニケーション研修を行い、お客様対応だけではなく、スタッフ同士のコミュニケーションを円滑にする上での、発信側と受信側のテクニックを紹介し、あらゆるテーマでの実践練習に取り組んでいただきました。
会話のキャッチボールを続けるためには、返事をするだけでなく1つ話題を付け加えること、そのためには勉強して知識を付ける必要があることをお伝えしました。

普段あまり会話をする機会のない他部署のスタッフと敢えてペアを組んで頂いたにもかかわらずどのペアも会話が盛り上がっていて、テクニックが実践できたようでした。

2年目社員向けには、SWOT分析に取り組んでいただきました。
実は昨年私が新入社員研修を担当した方々で、1年前と比較すると皆旅館の仕事が板につくようになっていて成長を感じました。中には既に顧客を持つ方や商品企画に携わった方もいて感心してしまいました。

これまで、2年目社員の方々には新入社員研修とフォロー研修を担当し、接客やコミュニケーションレベルを上げる内容が中心でしたが、2年目になるに際し少し視座を上げて頂きたいと思い、会社のポジショニングを意識し対策を考えて頂く機会を設けました。

SWOT分析という言葉すらご存じない方が多い中で、限られた時間内で自分の働く旅館の弱み・強みを抽出し、旅館が取り組むべき対策を考えて頂きました。商品開発から他店とのコラボレーションに至る迄様々なアイデアが飛び出しました。

また、1年間勤めたフィードバックとして通知表を作成しお渡ししました。
全25項目の評価項目を上司・先輩に評点してもらい、上司・先輩および同期からのコメント付きという内容です。
「自分の弱み・強みが良く分かった。強み・弱みも意識しながら今後も頑張りたい」との力強いコメントが寄せられ、これからの1年どう過ごすのかについて前向きに考えていただきました。


今回の研修を担当して感じたのは、新入社員が入り、新入社員がしっかりと研修を受けるという場面を目の当たりにすることで職場全体の雰囲気がグッと引き締まり初心に帰るきっかけになったのではないかということです。
どの部門のスタッフと話をしても新入社員のことを気に掛ける声が聞こえてきて、新入社員が入ってくるから「もっとしっかりしないと!」「働きやすい環境を整えないと!」「追い抜かれないようにしないと!」という気持ちが伝わってきました。

2020年以降、コロナ禍で集合研修を見送っている企業も多いと思いますが、ワクチン接種も進み、そろそろ県民割やGoToトラベル再開の話題が上るようになりました。
既存社員の士気を高め、2020年のGoToトラベルで盛り上がっていた繁忙期を思い出し、それに向けた準備を進める意味でも今年は新入社員研修や全体研修を実施してみてはいかがでしょうか。

研修に際しご相談があればお気軽にご連絡くださいませ。

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる!おもてなし接客術」

Comment









2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

サイト内検索