blog

2025年問題には、高齢者の“足”の配慮が必要

Posted on 2022-05-23

以下は、https://egolf.jp/column/47620/ の記事
「75歳を境にゴルフをプレーする人はガクンと減る」からの抜粋です。

―――
 「2025年問題」についての衝撃データが、ついに可視化されました。ゴルフ業界は急いで対策を立てる必要に迫られています。

 4月18日配信の「ゴルフ特信」(一季出版)が報じているものです。同紙はスポーツ庁の令和3年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査」に回答した全2万人(18~79歳)のロー(生)データに着目。この1年間にゴルフ(コースでのラウンド)をした人1233人(ゴルフ特信のカウント)を1歳刻みで集計したところ、73歳が58件でトップ。70~74歳のいわゆる「団塊の世代」が含まれた層が、突出した巨大な山脈を形作りました。

 深刻なのは、75歳のところに出来た断崖絶壁です。後期高齢者となる75歳は20件と半分以下に激減。76歳以上は11、12、12、13件と79歳までどん底の数字が並びました。

 <中略>
 
 やはり「後期高齢者」の5文字は当事者に内外から大きな変化を迫る呼称であることは間違いありません。

 身内からはゴルフ場への“足”である運転免許証の返納を迫られ、年金生活で経済的な問題にも直面します。また自身の問題としては体力の低下を多くの人々が感じ始めるタイミングでもあります。
―――

2025年を迎えると日本の人口の年齢別比率が劇的に変化して「超高齢化社会」となります。社会構造、雇用、医療、福祉など、さまざまな分野に影響が出ることが必至で、2025年には約800万人いる団塊の世代が後期高齢者(75歳)となり、国民の4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会となります。

先述の記事からすると、ゴルフ場にラウンドに出る年齢は73歳がピークで、75歳以降は劇的に減る。その理由は健康問題だけではなく、身内から運転免許証の返納を迫られる、という足の部分が無くなることも理由として挙げられていました。

『2025年』問題はゴルフ業界に限った話ではなく、観光業界にも当てはまる問題です。

インバウンド客が皆無の今、観光のメインターゲットは時間もお金もある国内のシニア客です。
シニア客ほど宿泊旅行仕様の大きな荷物を持っての移動が困難だったり面倒で、公共交通機関を利用するよりも、マイペースで気ままに回れるマイカーでの旅行が好まれます。
北海道や沖縄といった首都圏から遠くマイカーでの旅行ができないところでも、結局は空港や新幹線の駅からレンタカーをして旅行をする方が圧倒的でしょう。

それが、免許返納してしまうと、旅行で車を使うというこれまで当たり前であった選択肢が無くなってしまいます。
重い荷物を持って、公共交通機関の乗り換えをしたり、観光地を巡る位なら旅行をしない方がマシと考える高齢者は少なくありません。
自動運転車が出れば・・・という話題もありますが、日本で普及にはまだまだ時間が掛かるでしょう。

そうなるとパッケージツアーに参加するか、ドライバーとなる子供夫婦と一緒に旅行に行く等しないとならなくなりますが、これまで気の置けない間柄の夫婦や友人、もしくは一人旅で自由気ままなマイカー旅行を楽しんでいたシニア層にとっては窮屈に感じる方も多いはずです。

高齢者の運転は、いくらドライバー歴が長い方であっても、体力が落ち判断力も鈍り危険が伴いますので、団塊世代の免許返納には個人的には賛成です。
ちなみに警視庁のデータによると、令和3年の65歳以上の免許返納件数は約52万件で、なかでも70~74歳の返納件数は165千件あったことが分かっています。

団塊世代の旅行消費を止めないためには、高齢者の“足”への配慮が欠かせないことがわかります。

自治体レベルでは自治体内の高齢者に対して市営の交通機関の利用が無料になったり、タクシーの運賃割引や利用券を配布しているところもあるようですが、旅先に関する補助は聞いたことがありません。
都道府県をまたいだ旅行でも気軽にタクシーを使えるような制度が整えば、高齢者の旅行回数の維持・向上につながるでしょう。


コロナが落ち着きインバウンドが以前のように戻れば、国内の団塊世代が旅行しなくなることによって失った分を外国人旅行者で埋め合わせることが可能でしょうが、このような状態がいつまで続くかわかりませんし、一旦はコロナ以前のように戻ったとしてもまたいつ国境閉鎖のような事態になるかわかりません。

観光・旅行業界の市場規模を、国内だけでも賄えるような準備が求められるでしょう。

2025年を目前に控えた今、このような団塊世代誘致の策を観光地域レベルで取り組んでいく必要があると考えています。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる!おもてなし接客術」

Comment









2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

サイト内検索