blog

「無難だけど印象に残らない接客」と「やり過ぎと思われても印象深い接客」

Posted on 2011-05-31

覆面調査と接客・ロールプレイング研修をしました。

覆面調査の総括でお伝えしたのは、「無難だけど印象に残らない接客」ということ。

こちらの旅館様は元々お客様評価が高いのですが、お客様評価のさらなる向上を、
具体的な数値を挙げて目標設定されているので“無難な接客”だけではさらなる向上は難しいと考えます。
そこで、”やり過ぎと思われる位の接客を”という視点も交えながらの研修を行いました。

旅館様によって方針も様々かと思いますが、
「無難だけど印象に残らない接客」と「やり過ぎと思われても印象深い接客」のどちらが
現状に当てはまり、今後どうしていくべきかを考えてみる機会を持たれても良いかもしれません。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子
♪観光文化研究所公式HPはこちら。
♪ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

Comment









2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

サイト内検索