blog

箱根のバス会社について一言

Posted on 2011-06-09

箱根に行きました。



写真は芦ノ湖と海賊船です。
天気が良くなかったため、少し不気味な写真に見えてしまいますが。

6月のこの天気にも関わらず、さすが箱根です。
下船する方々の数を見ても賑わっているの様子がお分かり頂けると思います。

この日箱根湯本駅に付いたのは朝9時半頃。
新宿からの特急電車は全車両人気(ひとけ)が無く、ほぼ貸切状態だったので、
震災後の6月だし、箱根も相当苦戦しているのか、と懸念していたのですが、
バスに乗れば各停留所からチェックアウト後の観光客の方々がゾロゾロと乗って来られて
元箱根港に到着する頃には懸念は払しょくされました。

半日の箱根滞在中、一番気になったのは、バス会社の運転手・スタッフの対応。
(私に対する対応は丁寧なのですが)シニアの方々への言葉遣いや対応は酷いものでした。
見ていて気分が悪くなります。
※中には懇切丁寧に対応されている方もいらっしゃいました。

自分も経験したことがあるので誤解を恐れずに言いますが、確かにお年を召した方への対応は
場合によっては、一度で聞き取ってもらえなかったり理解してもらえなかったりすることがあるので
1日中対応していると少し面倒に感じてしまうかもしれません。

ただ、自分の勤める会社のバスに乗ってくださるお客様と思えば
どうしてあのような対応ができるのか不思議でなりません。

箱根のバスは1社独占状態ですから競争もありません。
箱根という土地柄、絶えずお客様も多くいらっしゃるので危機感が全くないのでしょう。
業種問わず、各企業がお客様対応力に力を注いでしのぎを削っている今日、先が思いやられます。

バスでそのような扱いを受けたお客様をお迎えする旅館が、いかにお客様対応に力を入れて日々努力しているか
見習っていただきたいと思います。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子
♪観光文化研究所公式HPはこちら。
♪ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

Comment









2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

サイト内検索