blog

女子会や女子旅の企画は “ イカニ物語性ヲ持タセルカ ”

Posted on 2011-07-12

三島駅のJR東海ツアーズ店頭で目に泊まった「女子的Shupo」のパンフレット。
女子的Shupo・・・【女子旅】に照準を絞った旅行商品。
キャッチコピーは「旅デ私ハ満タサレ、癒サレ、磨カレル」
デザインやイラストを見ても「“おしゃれに”旅行する20代半ば~30代前半女性」をターゲットにしていることがわかります。

6つのエリア別のパンフレットに掲載されていた表紙のキャッチコピーを並べてみました。

-郡上八幡・美濃・・・のんびり、ローカル線で♪ 名水の町を激写しよう!
-松本・安曇野・・・レトロモダンが心地いい。山の恵みでココロゆるりと。
-飛騨高山・奥飛騨・・・私スタイルで旅しよう!
-伊勢・・・わたしがきらめくパワーを浴びにでかけよう!
-下呂温泉・・・女子力かがやく、美人の湯へ!
-名古屋 熱田神宮・岐阜・・・ステキなご縁をお願いしましょ!

こう見ると、【目的地】というより【滞在のスタイル(旅の過ごし方)】に重点が置かれているようです。
「どこで何をする」というよりは「何をするためにどこに行く」という。
目的地ありきで滞在の仕方を考えるのではなく、滞在の仕方ありきで目的地は二の次という印象を受けました。
女子会や女子旅の企画には、“いかに物語性を持たせるか”が重要なのかもしれません。

それよりも、キャッチコピーを見ていると、女子会や女子旅には“カタカナ”は外せなさそうですね・笑

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

♪観光文化研究所公式HPはこちら。
♪ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

Comment









2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

サイト内検索

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述