blog

地方の路線バスで触れたおもてなしの心

Posted on 2011-09-02

出張帰りに地方の路線バスに乗りました。

キャリーバックとバック、2つの大きい荷物を持ってのバスの乗り降りは結構大変です。

特にバスの中で運賃を払う時が一苦労。
運賃ちょうどの金額があれば良いのですが、無い場合は両替を繰り返してから支払う必要があり、
特に荷物があると、降りるときに時間がかかってしまってしょうがありません。
(運転手さんに合わせた作りなのか、両替した硬貨が出てくる受け皿が低くて取りづらかったりします)

今日乗車した路線バスの運転手の方は、私が両替しようとするそぶりを見せると
手袋をはずし、率先して私の紙幣を預かると両替を繰り返し運賃分だけを回収して、お釣りを手渡してくださいました。
(対応も非常に丁寧で感じの良い方でした)

二十数年間生きてきて初めて受けた対応かもしれません。。。

目の前のお客様が喜ぶ行動を察して、行動に移す。
これこそがおもてなしだと感じた出来事でした。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子
♪観光文化研究所公式HPはこちら。
♪ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

Comment









2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

サイト内検索