講演実績

「ツーリズム EXPO ジャパン 2016」のプレスリリース

Posted on 2016-09-27

先日パネリストとして登壇させていただいた
「ツーリズム EXPO ジャパン 2016」のプレスリリースが発表されました!

以下に抜粋して掲載いたします。
―――
公益社団法人 日本観光振興協会(日観振)と、一般社団法人 日本旅行業協会が主催する世界最大
級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2016」(会期 9月22日(木・祝)~9月25日(日))の9月23日
(金)、「訪日旅行シンポジウム」を開催しました。
日本においてより一層の訪日客を拡大していくためには地方誘客が不可欠です。
しかし、現在、訪日客はゴールデンルートを中心とする地域に集中し、昨年の年間平均客室稼働率におい
て、都市ホテルやビジネスホテルは70%以上、リゾートホテルが50%を上回っているのに対して、地方観光の主
役ともいえる旅館は37%と厳しい状況にあり、地方への分散、地方への誘客が緊縛の課題となっています。
そうした中、本シンポジウムでは「持続可能な地方誘客~日本旅館と地域のコラボレーション」というテーマのも
と、平田真幸氏(日本政府観光局[JNTO]海外プロモーション部特命事項担当部長)をモデレーターに、植
田佳宏氏(ホテル祖谷温泉 代表取締役社長)、タイラー・リンチ氏(戸倉上山田温泉 亀清旅館 宿
主)、水谷初子氏(株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル 執行役員グローバルマーケティング第
一事業部長)、井川今日子氏(株式会社観光文化研究所 専務取締役)の4氏がパネリストとして参加、地
方に数多くあり日本の観光魅力の粋を体現する旅館が周辺の地域と連携して、インバウンドビジネスを発展さ
せていくためにはどうしたらいいのかについて、「外国人目線で見た日本旅館の魅力と改善点」、「誘客における
旅館と地域の連携の方策」、「中長期にわたり継続的に海外から観光客を誘致するための方策」の3点に関し
て積極的な議論が行われました。
その結果、今後は
・世界でも優れた観光資源の旅館と地域が連動した個性的な魅力の磨き上げ(ブランディング)
・旅館と地域が連携したリーダーシップの発揮
・リピーターや富裕層の満足度や主要客である日本人の国内観光客の重視
・観光資源・施設が少ない地域での工夫(季節限定の飲食施設・イベント、周辺観光地の巡回バス等)
・日本人が外国人客のニーズを理解し、ビジネスに反映させるための海外旅行体験
の重要性が示唆されました。
―――

http://t-expo.jp/biz/news/pdf/160926-1_jp.pdf

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

サイト内検索