blog

緊急事態宣言中の美容院業界で最も大変だったこととは?

Posted on 2020-06-19

行きつけの美容院に行き、そこのオーナーである美容師さんにコロナ禍中の美容業界の話を伺いました。

ステイホームでお客様が居なくなった時の美容業界、多くの店舗で何が大変だったかというと、賃料でもなく、人件費でもなく、リクルート社のホットペッパービューティーの掲載料とのことでした。

 

緊急事態宣言が発令されてから、業界のリーダー的存在の方が掲載料割引を要望するための署名をWEB上で募り呼びかけたところ、あっという間に数千人規模の署名が集まったそうです。

それを引っ提げてリクルート社に休業中の掲載料の見直しを陳情したところ、日割りで営業日だけの請求にすることに成功したとか。

(その美容師さん曰く、この対応がなければ3分の1の美容院が潰れていたのでは、という見立てです)

 

旅館でも、直接NHKに休館中の受信料について陳情したところ、受信料が割引かれたという話がありました。

 

行動することで結果が大きく変わるとはこのことです。

やはり誰もが「おかしい」と思うことには、声を上げて行動に移すべきですね。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

バイキング会場でのマスクの着用・ゴム手袋の使用について

Posted on 2020-06-17

御支援先の食事会場ではバイキングを継続していらっしゃいますが、各所に予備のトングを設置したり、料理を取る時に着用するためのビニール手袋を用意するなど十分な対策を取られています。

 

しかしながら、お客様の様子を見ていると、予備のトングはあってもわざわざそれを使う人はほとんどなく、ビニール手袋に至っては使用している人は皆無でした。

私自身、ビニール手袋を着用して料理を取ったことが無かったため試してみたのですが、予想以上に手汗をかいて不快感極まりなく、逆に不衛生なのではないかと思います。

 

また、1回目に取った料理を食べ終わって、再度新たに料理を取りに行く度にマスクを着用していたのですが、他のお客様は2回目以降はマスクを着用しないまま取りに行かれていた方がほとんどという光景でした。

正直に言うと、席を立つ度にマスクを着用するのは面倒ですし、食事中の手でマスクに何度も触れるのはいかがなものかとも感じます。

 

これだけしっかり衛生対策をしている宿側には非の打ちどころもありません。

 

但し、特に旅行先でリフレッシュをしにいらしているお客様に「手間を強いる行為」というのは、今のサービス業界の潮流からも離れてしまうし、顧客満足を意識する上でも何とも難しいものがあるなと非常に悩ましく思い、「目に見える形で安全が担保できれば、このようなことをしなくても良くなるのに」と現実逃避の考えが先行してしまいます。。。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

羽田―北海道便の機内はこんな感じでした。

Posted on 2020-06-16

北海道出張に行きましたが、羽田空港も旭川・新千歳空港も平常時と比較すると驚く程利用客は少ないものの、ビジネスではない様子の方も多く見受けられ、徐々に不要不急の移動も戻りつつあることと実感しました。

 

相次ぐ欠航に振り回された結果、往路はJAL(羽田⇒旭川)、復路はANA(新千歳⇒羽田)という組み合わせとなったことは私にとっては好都合で、両社の乗客として目に見える範囲でのコロナ対策の違いを比較することができました。

 

恐らく先週時点での両者の対応も流動的なもので、乗客の反応を見ながら試し試しにしているものだと思いますが、ANAでは、搭乗時にアルコールのウェッ トティッシュ(弁当箱についているような平らなもの)を用意し、ドリンクサービスの前には同じアルコールのウェットティッシュ&使用後のゴミを入れ るビニール袋の配布をしていました。

飛行機に乗る様子を見ていると、アルコールシートを受け取っている人は3割位でしたでしょうか。

荷物を持ちながら列になってテンポよく機内に進むことが求められる為取り損ねてしまった人や、そもそもこれまで搭乗時にはキャンディやスマホスタンドを配っていたのが主流のため、何を配っているのかわからず取らなった人もある程度の数はいると思います。私もその1人です。

 

一方のJALでは、ANAでは撤去している機内誌等のサービスを継続していました。

機内誌を手にする人が極端に少ないかと思えばそんなことは無く、平常時と変わらず手にしていた人がいたように思います。

席の隣(といっても、空席をひとつ挟んでの)には生後3ヶ月くらいの赤ちゃんが、フェイスシールドの付いた帽子を被りながら搭乗しており、その様子を可愛らしいと思っているのは周りの人だけで、赤ちゃん本人とご両親は大変な思いをしているのだろうなと思います。

(個人的にはJALの機内誌「SKYWARD」の浅田次郎さんの「つばさよつばさ」や意外と難易度の高いまちがいさがし「旅あそび」が大好きなので機内誌があって有難かったです!)

 

どちらの飛行機に乗っても共通して感じたことは、乗客は“さほど気にしていない”ということです。

勝手な推測ですが、コロナに対して皆同程度の価値観を持っていて、過度に神経質な人・過度に無神経な人 がいない為平和が保たれているのだろうと捉えています。

 

「GO TO トラベルキャンペーン」が始まると、恐らく今以上に様々なレベルの価値観を持った人が旅先で一緒になるため、ある程度のトラブルは避けられないのかも知れません。

 

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子 *観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

観光文化研究所を騙る不審なハガキの件

Posted on 2020-06-13

観光文化研究所を騙る不審なハガキが旅館様に送られているという情報がございました。

 

同様のハガキが届いた旅館様などいらっしゃいましたら、お手数ではございますが、是非弊社までご一報くださいませ。

 

※以下のハガキは不審なハガキが届いたという旅館様よりご許可をいただいた上で、掲載させていただいております。

 

上記ハガキがいきなり当該旅館様に届いたそうです。

 

まず、弊社はこういったことを一切行っておりませんし、今後も行う予定はございません。

 

社名、住所、連絡先、代表者名、代表の出身校などは正しいものですが、

悪意ある第三者が弊社の名前を騙っていることに間違いはありません。  

 

ハガキが送られた「消印」も「銀座」であり、弊社は「神戸」に事務所がありますので

わざわざ「銀座」まで行ってハガキを送ることはありえません。

 

新型コロナウィルスの影響で、観光業界のみならず日本が一丸となって立ち向かって いかなければならない時期に、

このような行いをする人の気が知れません。

 

上記ハガキに関わらず、弊社を騙る「怪しい話」につきましては、ご一報いただけると幸いです。

 

最後に、本事案を弊社にお教えいただきました業界の皆様に感謝申し上げます。 

そのまま放置され、観光文化研究所の悪評が立たずに済んだことと、

普段から弊社を気にかけていただける皆様にこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

本情報は新情報入り次第、更新させていただきます。

******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

 

上限6割の稼働で、3割増の単価アップを

Posted on 2020-06-02

今度の出張の飛行機の座席を予約しようとすると、 通路側の席しか予約ができないようになっていました。

新型コロナウイルス感染防止対策として、隣に人が座らないようにコントロールしているようです。

例えば、通常であれば、【窓|2席|通路|3席|通路|2席|窓】 という座席配置で、1列に7名座れるところが

通路側の席しか座れない為、【窓|1席|通路|2席|通路|1席|窓】 と1列に4名しか利用できないようになっていました。

 

乗る側としては(特に出張で1人で搭乗する場合は)、荷物を上の収納に入れたり足元に置く必要も無く

ゆったりと座れるため有難いのですが、航空会社からすれば客数の上限を6割程度に設定しないとならないため、

経営的には依然厳しい状態が続くものと考えられます。

 

250席ある飛行機で、単価2万円と仮定すると、通常なら満席にして500万円の売上になるところが、

席数の上限を6割とすると、150席しか埋められず、300万円の売上にしかなりません。

150席という条件のもと、500万円の売上をカバーすることを考えると、単価を3.3万円に上げなければならないと試算できます。

 

旅館に置き換えて考えると、50室ある旅館は6割の30室しか受け入れないということです。

室単価を4万円と仮定すると、満室時に200万円稼げるはずが、120万円しか稼ぐことができません。

30室で200万円をカバーしようとすると、室単価6.6万円にしないといけません。

 

次回に持ち越せない「枠」(=座席、客室、体験権)を売るのが観光業界の特徴の1つですが

3密を避けることを目的に、供給を6割に収めようとすると、単価は7割増にしないと元の売上が維持できないことが判ります。

 

とはいえ、座席や客室が全て埋まった時との極端な比較のため、一律7割増となるわけではありません。

現実ラインで考えると、8割稼働の売上を上限6割稼働でカバーしようとすると、単価は3割増が求められるでしょう。

 

いまは少しでも集客につなげるべく、多少単価を下げてでもお客様にご利用いただくことも考えなければなりませんが、

GO TO キャンペーン等を皮切りに、需要が戻ってきた段階では単価を向上を見据えていかねばなりません。

3密を避けたおもてなしの質の向上もデザインしていく必要があると考えています。

 

  ******************************************************************************

株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。

*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。

*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

サイト内検索