blog

2016年日本開催のサミットはどこに決まるか?

Posted on 2015-03-02

翌年2016年のG8が集まるサミット(主要国首脳会議)は日本で開催されることが決まっています。
 
現在は8ヶ国で構成されているので、約8年周期で開催国の当番となるのですね。
前回の2008年の洞爺湖サミットの1週間程前に、たまたま仕事で北海道を訪れる機会があり、
会場となったウィンザーホテルに行ってみたく、一人ランチをとりにいった記憶があります。
 
その時の街やホテルの警戒態勢といったら忘れられないほど印象的です。
 
洞爺駅からはホテルの送迎バスに乗って向かったのですが、
記憶が確かならば、道中見渡す限りパトカーが待機していて、一般車両の通行には規制や検問が敷かれていたと思います。
ホテルに入れば、警備の方の視覚から外れるのはお手洗いに入る時位で、それ以外は常に警備員の視界に入っている状態で、
物々しい雰囲気だったのが忘れられません。
 
今回は、開催地として手を挙げているのは横浜、神戸、福岡、軽井沢等だそうです。
(横浜に住んでいながら存じ上げませんでしたが・・・)
2001年のテロ以降、開催地を「リトリートRetreat」(隠れ家、避難所、隠居等の意)とし、
いわゆる大都市を避ける傾向にあるので、軽井沢が有力でしょうか?
 
サミット開催には設備投資を含め、セキュリティ面において莫大な費用が掛かります。
サミット開催会場(沖縄・北海道)の“その後”もあまり良い話を聞きませんし
また、開催期間中はサミット関係者の誘客は出来るものの、一般客の客足が鈍ることは必須です。
 
一方で、サミット開催でのエリアの知名度向上や、その後のMICE開催候補地に上がりやすい等の恩恵もありますので
短期的な視点と長期的な視点を持って、誘致に取り組まなければなりませんね。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

英語での時刻の表し方は24時間表記にしない

Posted on 2015-03-01

旅館の公式サイトの英語ページの英訳を御手伝いする機会が多くなりました。
 
その際に気を付けていることは、時間表記です。
旅館紹介の際、
 チェックイン時間やチェックアウト時間、大浴場の入浴時間、送迎の時間、食事の時間等、
時間表記は外せない要素です。
 
何を気を付けているかというと、24時間表記にしないこと。
 
欧米では、15時は3:00 p.m.と表現することが一般的で、
15:00 p.m. としてしまうと、軍隊用語になってしまうとのこと。
所変われば・・・で興味深いです!
 

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

「おすすめの○○って何ですか?」と質問された時の返し方

Posted on 2015-02-28

旅館や飲食店で働く方なら必ず1度は質問されたことがあるであろう質問
 「おすすめの○○って何ですか?」
に皆さんは何て答えていますか?
 
私は研修において
「漠然とした質問には漠然と答えるのではなく、お客様の好みを聞いて相応しいものを提案しましょう」 とお伝えしています。
 
例えば、「お勧めのお土産は何ですか?」と聞かれても、
お土産の中には「食品」も「伝統工芸品」も含まれますし、「食品」の中でも「地酒」「銘菓」「おかず類」等、実に様々なジャンルがあります。
 
お客様の聞きたいことをなるべく具体化して、最適なものを提案して差し上げる・・・
それでこそ価値のある接客だと、私は考えています。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

ゴルフも「お一人様」が主流に!?

Posted on 2015-02-27

ゴルフ場での打ち合わせでした。
最近、お付き合い先の旅館様のグループ会社であるゴルフ場の販促のお手伝いがはじまりました。
 
ゴルフ場に自社予約システムを導入しようと、業者さんにも会議にご同席いただいたところ、
ご支援先のエリアでは、特にゴルフ場の「1人予約」が流行っているとのことでした。
 
・とにかくゴルフが好きなので思い立った時にプレーしたい!
・ゴルフ仲間とはいつも同じゴルフ場だけど、たまには違うゴルフ場でプレーしたい!
・様々な事情で、ゴルフ仲間が居なくなってしまった。
 
等と理由は様々ですが、需要があるそうです。
 
こちらの業者さんのシステム【1人予約ランド】は、自分の顔のアイコンを作れる等の機能も充実していて面白そうでしたので、
お1人様予約も積極的に取り込み、予算達成を目指そうと思います。
 

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

食事会場で大声で延々と電話をされるお客様に対して

Posted on 2015-02-26

先程お付き合い先の旅館様で夕食を頂いていると、
案内された食事会場には、私以外に4組のお客様がいらっしゃったのですが、
その中の1組1名(一人旅)のお客様が延々と携帯電話でお話をされていました。(しかも大きな声で…)
 
その間、他の3組のお客様は会話や料理を楽しんでいる雰囲気では無く、
何となくその携帯電話の会話に意識が向けられてしまっているような印象を受けました。
しばらくして電話が終わると、食事会場の雰囲気が一気に良くなったのはご想像の通りです。
 
食事後に、旅館様には「他のお客様のご理解を得るためにも、仲居さんが一度注意をした方が良い」
とお伝えはしたものの、通話をし始めない限り注意ができないものですから、
通話に声を掛けて一度中断していただき注意するのか、
はたまたメモを渡して注意を促すのか、難しい接客場面であることは間違えありません。
 
本来はお客様側にもマナーや常識を弁えていただきたいものです。
 

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

サイト内検索

//記事ページのみに構造化データを出力