blog

首都圏での雪と宿のキャンセル

Posted on 2015-01-30

思ったほど長時間の降雪にはならず、路面凍結等の被害は少なく助かりましたが、
首都圏も雪の1日となりました。
 
幸い今日は出張が入っておらず、個人的には交通機関の乱れも気になりませんでした。
気になるのは旅館にキャンセルが出ないかどうかです。
 
基本的には道路を含めた交通機関が機能している限りはお客様にはお越しいただき
それでもいらっしゃらないと仰るのであればキャンセル料のご案内を差し上げる他ないのですが、
なかなかご納得いただけないお客様が多いと伺います。
 
週明けには栃木や静岡、神奈川の関東エリアの旅館様に伺うので、
今回の雪の影響が無かったかを確認するところから話が始まるでしょうね。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

ゴルフ場から見える景色は絶景!

Posted on 2015-01-29

昨日はゴルフ場の宿泊施設に泊まりました。
ゴルフ場から見える朝日は得も言われぬ程美しかったです!
都会に居ても、温泉地にいてもこれほど視界が開けて整っている景色を見ることはありませんね。
経営者様とゴルフコース内にロッジが建てられれば面白いですね、なんて話もしていました。
 
客室からお客様の動きを眺めていると、
平日にもかかわらず早朝から続々と車がクラブハウスに到着してきます。
(もちろん長年勤め上げたリタイヤ組の方々だと思われます)
 
朝食会場に行けば、スポーティな格好で足早に食事を召し上がり
そのままコースに出かけていきました。
お昼を挟んで18ホール、夕方まで楽しんでお帰りになるのだと思います。
 
実に健康的なスポーツですね。
これに温泉が加われば正に最高です!
お付き合い先の旅館様とのコラボレーションも強化していきます!

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

客単価アップで目標数値達成を狙う

Posted on 2015-01-28

今日伺っていた旅館様で、今期の目標計画が上がってきました。
 
旅館以外の営業もされている会社様で、部門合計として前期比+2000万円。
他部門の規模や成長性等を考えると、1000万円以上は旅館で稼がないといけないという計算です。
 
大変な事には、
 特に露天風呂付客室が新設されるでもなく、
 スタッフの人数が増えるわけでもなく、
 地域で集客につながるようなイベントがあるというわけでもなく…
言ってしまえば、売上アップにつながる要素が無い状況です。
 
こちらの旅館様の年間宿泊者数は21,000人。
前期の業績も過去最高売上を記録する程好調で、既に高い稼働率をマークされています。
 
単純に計算すると、現状の宿泊者数を維持するのであれば一人あたり476円の
消費単価アップを目指さなければいけません。
 
単に「客単価アップ」と言っても、旅館の状況によって採用できる施策とできない施策が出てきてしまいますので、
(こちらの旅館様では、施設的にもスタッフ的にもできない施策の方が多いのです・・・)
試行錯誤し、なんとか目的達成を狙っていきます!
 

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

お忍び客と子宝温泉

Posted on 2015-01-27

本日伺っていた旅館様では、他の温泉地の差別化を図ろうと、ここ最近になって温泉の歴史や特徴を打ち出すようにしたそうです。
 
こちらの温泉はもともと産後の湯治場として有名だったそうなのですが、
いつからか子宝にも恵まれる温泉として歴史が刻まれていったそうです。
 
そこで温泉地や旅館の冠に「子宝温泉」という表現を用いだしたところ、
これまでいらっしゃっていた、いわゆる「お忍び客」がパタッと来られなくなったとのことでした。
最初は動揺したそうですが、お忍びのお客様は何かと対応が大変ということもあり、良い路線変更だったのではと宿の経営者様。
 
「なるほど、お忍びのお客様は子宝に恵まれたら困りますもんね・・・」と因果関係が良く理解できるお話でした。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

貸切風呂を英語で何て言う?

Posted on 2015-01-25

お付き合い先の旅館様の英語ページを作成しています。
 
一通り自分で英訳して、英語の先生に添削してもらうのですが、
日本での生活は20年近くになるけれども旅館にあまり馴染みのないカナダ人の先生なので、
日本料理やお風呂のスタイルについて背景を説明する必要があります。
 
今回ネックになったのは「貸切風呂」の英訳について。
私が英訳するときには、辞書や他館のEnglishページの表現を参考にするのですが、
貸切風呂について調べると、「Chartered bath」や「Time share bath」等と表現しているものが多く
このような英単語を使用して英文を作成したところ、先生からこの表現では伝わらないと指摘されてしまいました。
 
先生もすぐに良い表現が浮かんだわけではなく、しばらく考えてから出てきた答えが「Reservable bath」でした。
 
reservable と入力すると、入力ミスの赤い波線がひかれることからもわかるように、辞書に載る正しい英単語では無いようですが、
生きた(伝わる)英語としてはこちらを優先すべきなのかもしれません。
 
このように、旅館で使う英単語も紹介していきたいと思います。

******************************************************************************
株式会社観光文化研究所 井川今日子

*観光文化研究所公式HPはこちら。
*ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はこちらから。
*おもてなし接客本、出版しました!「ちょっとした心づかいでこんなに変わる! おもてなし接客術」

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

サイト内検索