お茶出し

お客様が旅館へお着きの時やお食事後に、お茶をお出しすることがあると思います。 その際の、湯のみや茶托の向き、気にしていますか? 湯のみの場合は、柄が入っているわかりやすいものが多いのであまり問題ありませんが、 (それでも中には、柄の向きがこちらの方を向いておらず、とんでもない方向を向いている旅館様もありました・・・) 茶托の向きが間違っているケースをたまに見かけます。 木目のある茶托の場合は、縞の向きがお客様と並行になるように置きます。 縞の向きをお客様に向けて置くのはマナー違反です。

研修のご相談・お問い合わせはこちら