座布団の扱い方

和室で研修をしていると、平気で座布団を踏んで歩く人がいます。
座布団は座るものですので足の裏で踏むのはマナー違反です。 座る時も足の裏で踏まないようにして座ります。
一見、「正面」も「後ろ」も、「表」も「裏」もないように見えますが、実はあります。
座布団の向きは、縫い目がない一辺が正面と決まっています。 座布団を配置する時は、正面が座った時の膝の位置に来るようにします。
また、座布団の中央から糸の房が出ている方が表、縫い目しかない方が裏です。 座布団を配置する時は、表が上になるようにします。
あまり座布団の作法が知られていないようですので紹介しておきました。

研修のご相談・お問い合わせはこちら